design
インソースマーケティングデザイン

2017.12.18デザイン 

インソースマーケティングデザイン

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

PSDファイルが、PSBファイル(ビッグドキュメント形式)に!?

こんにちは、デザインを担当している馬淵です。

先日困ったことがありました。

いつものようにPhotoshopでレイアウトをしていたら、どんどん長くなって長さが30,000ピクセルを超えてしまいました。
そうするとPSDとして保存できないのですね。知りませんでした。
※ちなみに横幅は750ピクセルでした。

上書きしようとすると、
「〜.psdという名前で保存できません。ファイルが2GBを超えています。」とアラートが出ました。
・・・2GB?
さすがにそんなに大きくない、と思ってファインダーのサムネイルで見てみると保存前の状態で104.2MBでした。
少し追加したけど、2GBまでにはなってないはず・・・。

検索してみると30,000ピクセルを超えるとビッグドキュメント形式(PSB)というものになる、とのこと。

レイヤーは保持できるようなので、別名で新たにPSB形式で保存してみました。

0001

おそるおそるPhotoshopで開くと開けました。レイヤーも生きている。なーんだ。
特に変わらないならアラート出したり、形式変えたりしないで、と思いつつ作業再開。

しかし、ファイルが重たくなったせいなのか、動作が遅くなってしまってとてもお仕事になりません。
そこでファイルを上部と下部に分けてPSDに戻すことにしました。

PSBファイルを複製し、まずは下半分を削除し、カンバスサイズを16,000ピクセルにしました。
そしてPSDとして保存しようとしましたが・・・。

0002

やはり、「2GBを超えています。」と・・・。

そもそも2GBは超えてないし、30,000ピクセル未満なのに!

1,000ピクセルまで小さくしたけどダメでした。
そして、レイヤー全部消してみたけどダメでした。

0003

真っ白の背景を背に何が「超えています」だー!

一度PSBになってしまうともうPSDには戻れないようです。
仕方なく、作業前のPSDを半分に分け、PSBファイルから作業した部分を移植しました。

ファイルが大きくなって、PSBにするか否か選択をせまられたらご注意ください。

 
 

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ホームページ制作サービスはこちら
ページTOPへ