sales
インソースマーケティングデザイン

2021.1.12セールス 

インソースマーケティングデザイン

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

今話題の「インサイドセールス」について調べてみた

あけましておめでとうございます。

マリンロード セールスの大根田でございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新型コロナ感染症の影響でリモートワークが主流となりつつ昨今、世間ではお客様のもとに行かずともお客様とコミュニケーションを取る為「インサイドセールス」が注目されています。

今回は、話題の「インサイドセールス」について、調べた事を簡単に書いていこうと思います。

 

インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは、社内(=インサイド)で行う活動の事を指します。社外をフィールドといいますが、それの反対で、主に電話やメール、Webなどを用いてお客様とのコミュニケーションを図っていきます。

今まではお客様のもとへお伺いする事が多かったのですが、気軽にお伺いする事が難しくなりました。その為、この後紹介するようなツールを用いてお客様とのコミュニケーションを増やしていきます。それにより、直接お伺いしていた時と同様のコミュニケーションを取ることを目指します。

いつでも相談しやすい場を提供することで、双方にメリットのある場を作ることが可能です。

打ち合わせに必要なもの

●パソコン/タブレット/スマートフォンなどのデバイス

カメラが付いているデバイスを用意する必要があります。最近のスマートフォンがあれば、ほぼ参加可能です。

●WEBミーティングを行う為のソフト(ZOOM/GoogleMEETなど)

こちらも今はスマートフォン向けアプリからPC向けのソフトまで無料で揃えられるものがあります。

●会議に参加する場所(オフィス/自宅/レンタルオフィス)

ネット環境があれば基本的にはどこでも大丈夫です。テレワーク向けに場所を提供するサービスも提供されています。

 

まとめ

今回はインサイドセールスについて簡単に説明してみましたが、いかがだったでしょうか。

昨今の社会情勢もあり、お伺いする事が難しくなってきているなかで、上記の取り組みを活用することで今まで通りのコミュニケーションを取っていけると考えております。

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
ページTOPへ