webpromotion
小山 恭平

2022.1.20Webプロモーション 

Webコンサルタント/ディレクター

小山 恭平

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

Web広告、SEOと比較した際のメリット・デメリット

こんにちは

今回はSEOと比較した際のWeb広告のメリットデメリットについてです。

メリット1:狙ったユーザーをサイトに誘導できる

検索キーワードやユーザーの属性を出稿対象に設定することで、自分の意図したユーザーに出稿できる可能性が高いです。
自社のサービスがマッチするであろうユーザーが検索するキーワード、属する属性を出稿対象に的確に設定してみましょう。

メリット2:すぐに効果を実感できる

広告の審査が完了している場合、広告の出稿を開始すれば、即座にターゲットユーザーに出稿され始めます。
適切な出稿には予算調整やターゲット設定などの細かな設定・運用が必要となるものの、広告の設定さえ完了すればすぐに効果につなげられるのはWeb広告のメリットです。

デメリット1:費用が掛かる

SEOに比べてすぐに効果が実感できる分、出稿費用が発生します。
出稿費用が0円、ということは難しいものの、運用の中で効果的に設定を行うことで出稿費用を極力抑えつつ、集客効果を高めていくことは可能です。
同じ集客数でも適切な運用をすることで費用を抑えることも可能です。

デメリット2:効果を高める上では運用の中で改善していく必要がある

ここまでも少し触れていますが、集客効果、集客後のCVへの影響、そして費用対効果、それらを高めるためには適切に運用していくことは欠かせません
この点については専門的な知識も必要となるため、自社にノウハウがない場合は代理店などを利用することも有効です。
もちろん弊社も広告代理店になるため、ぜひご相談いただければと思います。

Web広告での集客をご検討の方、必要な予算や広告の設定などで不明点がある場合は、どうぞお気軽に弊社にご相談ください。

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ