system
篠﨑 亮洋

2022.6.13システム開発 

システムエンジニア

篠﨑 亮洋

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

【Windows】バッチファイルでよく見るWebページをまとめて起動

こんにちは。

今回はバッチファイルを使ってよく見るWebページをまとめて起動する方法をご紹介いたします。
ブラウザのブックマークからまとめて起動することもできますが、ブックマークのまとめ方によっては不要なページも起動されてしまうので、私は今回ご紹介する方法をよく使っています。

それでは、以下設定手順です。

バッチファイルの作成方法

まずは、テキストファイルを作成します。
0610_001

作成したテキストファイルをエディタで編集します。
0610_002

サンプル

@echo off 
start chrome.exe "https://google.com"
start chrome.exe "https://outlook.office.com/mail/inbox"
start chrome.exe "https://outlook.office.com/calendar/view/day"

一行目の「@echo off」を記述した後に「start chrome.exe + “開きたいページのURL”」を記述していきます。
こちらのサンプルでは「google」「メール(office365)」「予定表(office365)」をGoogle Chromeでまとめて開きます。

※実際に使っているバッチファイルではgoogleの部分を社内システムのURLにしています。毎日業務で使うページをまとめて登録しておきましょう。

※Microsoft Edgeを使用したい方は「chrome.exe」の部分を「msedge.exe」に変更してください。

@echo off 
start msedge.exe "https://google.com"

一通り設定が完了したら、テキストファイル(.txt)をバッチファイル(.bat)に変更します。
0610_003
0610_004
確認メッセージが表示されますので、「はい」を選択してください。

0610_005
これでバッチファイルが完成です。必要に応じてショートカットを作成しておくと便利です。

サンプルの実行結果

作成したバッチファイルを実行すると、ブラウザが起動されて、見たいページがまとめて表示されます。
0610_006

こんな使い方もしています

ファイルを作成する手順は変わりませんが、目的別にバッチファイルを用意しておくと何かと便利です。

@echo off 
start msedge.exe "https://insource-mkd.co.jp/service_homepage"
start msedge.exe "https://insource-mkd.co.jp/price"
start msedge.exe "https://insource-mkd.co.jp/category/works"

(中略)

start msedge.exe https://insource-mkd.co.jp/inquery/

Webサイト制作を行う際にページの表示確認を実施しますが、確認対象のページをまとめて登録しておくと毎回個別のURLにアクセスする必要がなくなりますね。

今回は以上となります。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
システム開発サービスはこちら
ページTOPへ