system
インソースマーケティングデザイン

2012.3.4システム開発 

インソースマーケティングデザイン

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

GAEの開発環境の話

前回はGAEの概要を説明をしたので今回は開発環境(Java版)の話をしたいと思います。

 

GAEの開発環境はGoogleから専用のSDKとEclipseのプラグインの形で提供されています。GoogleプラグインによりGAEのプログラムをサーバーにアップすることなくローカルでもテスト出来る為、ストレスなくトライアンドエラーを繰り返せます。

 

私は今回の開発環境のベースとして「Eclipse 3.7.1(Pleiades All in One 日本語ディストリビューション)」とJava7を用いましたが、Googleのサイト上、Java5とJava6のサポートのみのようです。

(単に、サイトが更新されていないだけなのかは分かりませんが、趣味ですので私はJava7でいきます。)

<STEP1>

Eclipseの メニュー>ヘルプ>新規ソフトウェアのインストール から「http:dl.google.com/eclipse/plugin/3.7」を指定し関連するソフトウェア一式をインストールする。

 

<STEP2>

GAEのサイトからAppEngineアカウント登録を行う。

 

<STEP3>

サンプルプログラムをローカルで実行、サーバーで実行する。

プロジェクトの作成と実行は下記参考URLの通りに実施すれば、HelloWorld位は試せると思います。

 

※参考URL @IT Google App Engineで手軽に試すJavaクラウド

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/gaej01/gaej01_2.html

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/gaej01/gaej01_3.html

 

以上です。次回は管理画面の話でもしたいと思います。

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
システム開発サービスはこちら
ページTOPへ