webpromotion
インソースマーケティングデザイン

2019.8.1Webプロモーション 

インソースマーケティングデザイン

2021年8月1日「マリンロード」は「インソースマーケティングデザイン」へ社名を変更いたしました

【図解つき】ページビュー数・セッション数・ページ別訪問数の違い~分かるようで分からないアクセス解析用語講座2~

マリンロードのプロモーション担当の高山です。
前回の私のブログでは、アクセス解析初心者の方にむけて離脱率と直帰率について解説しました。

【図解つき】離脱率と直帰率の違い~分かるようで分からないアクセス解析用語講座~

今回は、分かるようで分からない「ページビュー数」「セッション数」「ページ別訪問数」について解説したいと思います。

ページビュー数とは

ページビュー数とは「ウェブサイトのページが開かれた回数」の事です。
トップページ、商品ページ、会社概要ページなど、ウェブサイトは複数のページで成り立っていることが多いです。(もちろん1枚のページだけでなりたっているウェブサイトもあります)
それぞれのページが1回開かれるごとに1カウントされるのがページビュー数です。
通常PV数と略されて書かれることが多く、ウェブサイトがどのくらい見られているかを計測するのに最も一般的な指標と言われています。


PV数セッション数ページ別訪問数の違い
ページが開かれた回数なので、このウェブサイトの全PV数は7

セッション数とは

セッション数とは、「ウェブサイトを訪れた回数」の事です。
ページビュー数とウェブ解析初心者さんは混同することも多いかもしれません。
サイトをお店とすると、商品を色々見るのはPV数。お店に入って出る事がセッション数と考えると分かりやすいかもしれません。
セッションはウェブサイトを訪れた回数なので、1セッションの間に数ページを見る可能性があります。なので、セッション数は必ずPV数より少なくなります。
また、Googleアナリティクスでは以下の時に、別のセッションとしてカウントされ直します。
・あるページ閲覧中、操作が行われず30分経過したとき
・訪問中に午前0時を経過したとき


PV数セッション数ページ別訪問数の違い
サイトを訪れた回数なので、セッション数は3
(ただしユーザー1が最初のセッションで離脱後、2回目のセッションが30分以内だった場合は同一セッションとカウントされ、2セッションとなります!)

ページ別訪問数とは

ページ別訪問数とは「特定のページが1回以上見られたセッション数」の事です。
少しややこしくなってきましたね。
例えばあるページを見て次のページに行き、ブラウザの戻るで戻ってきたとき、元のページのPV数は2カウントされてしまいます。
ページ別訪問数は、1セッションで複数見られたPV数を重複させずカウントしてくれるため、
対象ページがどのくらい見られたかをより正確に計測することが出来ます。


PV数セッション数ページ別訪問数の違い
特定のページが入ったセッションの数なので、ページAのページ別訪問数は2(ユーザー1の初回のセッションとユーザー2のセッション)

まとめ

それぞれの数字が、どんな意味を成すのかお分かりいただけましたでしょうか?
これらの数字は実際に見て学ぶと理解がとても深まります。
現在マリンロードでは、

『現役ウェブ解析士が教えるWEBサイトの読み解き方』
『WEBサイト自己診断シート』

の2種類のWEB改善資料を無料でダウンロードできます。

『現役ウェブ解析士が教えるWEBサイトの読み解き方』は月間15万PVの当サイトのデータを題材に、現役ウェブ解析士がWEBサイトの読み解き方を徹底解説しています。
本物のデータ(実数!)で解説してありますので、非常に参考になると思います。

『WEBサイト自己診断シート』はGoogleアナリティクスのアクセスデータをもとに設問を進めていくと、「Webサイトのタイプ」と「有効な施策」が導き出されるというもの。
Googleアナリティクスが少し使えないといけませんが、シートの後半に必要な数字の見つけ方もつけてあるので、あまり慣れていない方でも少し頑張っていただければ問題なく使えます。
ホワイトペーパーの中身をこちらのブログで少し公開していますので、ぜひご覧ください。
ブログ:Webサイト改善事例に基づいた診断フローチャートを公開

お名前・企業名・メールアドレスだけで無料でダウンロードできますので、ぜひご活用下さい。
『現役ウェブ解析士が教えるWEBサイトの読み解き方』をダウンロード
『WEBサイト自己診断シート』をダウンロード

WEBサイト診断 現役ウェブ解析士が教えるWebサイトの読み解き方 イメージ
Webプロモーションサービスはこちら
ページTOPへ